NEWS

事務局よりお知らせや
活動に関する情報をお届けします

  1. HOME
  2. お知らせ
  3. 日本ウイグル協会への寄付【受付終了・寄付のご報告】

日本ウイグル協会への寄付【受付終了・寄付のご報告】

日本ウイグル協会への寄付を募っています

受付期間:2月10日正午まで

皆様こんにちは。ハートアライズ代表の佐々木です。
本日は皆様にお知らせしたい事があります。

私はハートアライズの活動とは別にいくつかの団体や活動を個人的に支援しています。
その中の一つに日本ウイグル協会があります。
この団体は、中国政府による人権弾圧、拷問、虐殺の被害に遇っているウイグル人を支援する団体です。


※私は個人的に会員になり支援しているだけですので協会の関係者ではありません。

ウイグル人が強制的に連行され強制労働をさせられている強制収容所は1000か所にも及ぶ事が分かっており、現在も300万人が収容されていると言われています。

この強制労働によってつくられた材料を安価に仕入れ使用している日本の有名企業も問題になっています。(ウイグル協会HPに企業名公表)
またウイグル人の根絶を目指す中国政府は、ウイグル人女性に対して避妊器具不妊手術を強制的に行う断種ジェノサイドを行っています。

現在日本には約3000人のウイグル人が暮らしていますが、そのほとんどの人が2017年以降、故郷の家族と連絡を取る事が出来ず、家族を人質にスパイ行為の強制や脅迫電話を受け日常生活にも大きな支障が出ています。

つい先日も日本の東大を卒業した若い女性のウイグル人留学生がウイグルに里帰りした際に拘束され殺害されました。一生懸命に生きている罪もない人々が、ウイグル人だというだけで毎日拷問を受け殺されています。

私たちの国のすぐ隣で起こっている事です。これは、ヒトラーを超える人類史上最悪の自体です。
すでに49か国が中国政府によるジェノサイド(大量虐殺)を非難する正式表明を出していますが、日本政府はいまだに明確な表明を避けています
国会に提出された非難決議案も二度見送られました。中国に忖度し続け明確な態度を示さない日本は本当にこれでいいのでしょうか?
拉致被害を経験している日本人が、今目の前で起こっている拉致、拷問、強制労働、殺戮を見て見ぬふりをしていていいのでしょうか?

皆様にも是非この事実を知っていただき、そして関心を持っていただきたいと強く思います。
私たちの関心、声が大きくなる事が、ウイグル協会の活動を支援する事に繋がり、地方議員、国会議員、そして日本政府を動かす原動力になっていきます。
無関心が最も事態を悪化させる原因だと思います。

詳しくはウイグル協会の公式HPをご覧下さい。
https://uyghur-j.org/japan/

寄付について

2月10日に私が直接ウイグル協会に持参し渡して来ます。その時の報告は後日HPにアップ致します。
皆様のご協力をお願いします。

寄付をしていただいた方には、このジェノサイドの実態をマンガにした小冊子を無料で送らせていただいきます。送料を差し引いた寄付金を全額ウイグル協会に寄付致します。

小冊子は、お一人一冊を送らせていただきますが、周囲の方に配っていただける方には何冊でも必要冊数をお送りしますので、寄付の決済後、お問い合わせよりご希望の冊数をご指定下さい。
寄付の際に使用したカードの住所以外に送って欲しい方は、メッセージ欄に送付先住所もご記入下さい。

※2月10日正午で受付を終了いたしました。

~日本ウイグル協会への寄付(1月20日~2月10日受付分)のご報告~
寄付金 52,000円
ご賛同下さった皆様、誠にありがとうございます。


お知らせ

お知らせ一覧

メルマガ登録

(バナーをクリック)
大切なお知らせはメルマガで配信します。会員の方はご登録をお願いします。